米国時間 10/14 SSLv3のセキュリティ脆弱性(CVE-2014-3566)がアナウンスされました。
図書管理システムLX クラウドサーバは デフォルトにて TLS を利用しておりますので、TLS暗号化を用いる限りにおいて、中間者攻撃により通信内容を解読されることはありません。

なお、現在LXクラウドサーバーをお使いいただいているお客様には個別にご連絡させていただき、対応をお願いしております。